Uncategorized

就職先が決まらず苦しかったですが

高校3年生のころ、私は就職先が決まらず苦しんでいました。 就職できると思っていた職業体験に行った先の方針が変わり、施設に行くことしか卒業後の選択肢がありませんでした。

しかし、体験入所したことがあるその施設でも、私は入ることに納得できませんでした。

施設では、主にみんなと一緒にトランプなどで遊び楽しかったですが、私がやりたかったことではありませんでした。

施設に行くことしか選択肢がなかったとき、極端ですが、「給料を1円ももらえなくても仕事をしたい」と考えていたくらい、私がやりたかったのは「仕事」でした。

神様のお陰なのかわかりませんが、そんな私に先生が「採用されるかわからないけど、面接を受けてみない?」とある会社を勧めてくれました。

もちろん、喜んで受けることにした面接の前に、ハローワークの求人登録や、自己アピール文の作成など、私はいろいろな準備に取りかかりました。

面接の当日、自己アピール文を読む、どのようなことをするのか仕事内容を確認するなど、私は終始緊張していましたが、無事面接を終えることができました。

高校卒業後に採用されたその会社で、現在も働いています。 あと約2ヶ月で3年目になる私は、初心を忘れずにこれからも頑張っていきたいです。

【関連記事】

エメリルシャンプー

-Uncategorized

Copyright© シボヘールの効果は嘘?口コミから真実を調査 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.